ただ在る在り方

在り方についてしばらく考えている。

“在”

才  本来あるもの、才質。祓い清められた存在をあらわす聖標識サイ。

士  空間を守る刃器。

こんな甲骨のエレメントからなるこの文字は、

本来あるべき状態に祓い清め守られたなら、

その在る処は聖地なり。と伝えているように感じます。

では自分が聖地になっちゃうみたいな、そんな在り方に近づくには、、?!

 

余分な力みとその積み重ねによる不必要な心身のメモリーをとりのぞくことなんだろうな。

 

ガレージにあった行き場のない刃にの先っぽに“在”の甲骨文字を描きました。

玄関に置き棲家を守ってもらいます。